お金借りる審査

銀行や消費者金融など、お金を借りるサービスは多数あります。それぞれの審査方法や基準を事前に把握しましょう!
MENU

ちょっと厳しい銀行からお金を借りるときの審査基準

銀行でお金を借りるときは返済能力の確認のための審査を受けて、その審査に通過しなくてはお金は貸してもらえません。 どのような基準で審査が行われるのかが気になりますが、審査基準は銀行ごとによるので一概ではないでしょう。 また、銀行の融資には様々な商品があるため融資商品にもよるのですが、一様に低金利融資を可能としていることから審査は厳しめというのが通例です。 取り得ず申し込んでいないことには審査に通過できるかどうかは分かりませんし、また、審査には数日を見ておく必要があります。 しかし、中には比較的簡単に審査に通過できる商品もあります。 それはカードローンです。 カードローンは個人向けの小口融資です。 利用可能限度額の範囲で最小1万円からの借り入れが可能で、まとまった資金として活用するのではなく生活上で一時的に足りなくなった資金としての活用が奨められています。 少額融資ですし、こちらは安定した収入があればアルバイトでも契約できるとしているので、審査基準は他のローン商品に比べると緩いでしょう。 かといって、収入があれば希望するすべての人が契約できるというわけではもちろんありません。 収入はもちろん職業、雇用形態、継続勤務年数に加えて、婚姻状況、居住状況、固定電話の有無など様々な個人情報が考慮されます。 また、他社の借り入れ状況も審査の対象になるため、融資を希望するのなら安定した収入とクリーンな借入取り引きを行うことが大切です。

気になる消費者金融の審査基準とは

消費者金融にお金を借りるときに心配なのは、無事にお金が借りられるかどうかです。 中でも一番のかなめである審査基準は、本当に自分が借りるうえで通過できるものか知っておきたいところです。 どこの金融業者でも同じですが、まず第一に借りる方がちゃんと返済能力がある方なのかどうかといったところが審査通過の骨子になります。 たとえば、現在や過去に他の業者や銀行から借り入れをしておきながら、契約通りの金額を返済できていない場合や、返済ができない状態がかさんでどうにもならなくなり自己破産の申告をしているような、金融業界でブラックと呼ばれる種類になってしまっている場合は、基本的に金融業者は新たに契約したり、新しくカードを発行することをためらったり見送るようにします。 また例外以外の未成年や、提示されている年齢以外の方からの申し込みも断るのが常です。 要は普通に定職があって、借りたお金を決められた期間にお約束通りに返せる見込みのある方が審査に通過します。 とはいえ審査が通過してお金を借りることができても、返さないのでは困りものです。 定職についているということはお金を借りた時点で決まって返してくれるものだという判断を得る大元になっているので、借りたらそれで終わりではありません。 借りる前には、きちんとした返済計画を組んでおきましょう。 ホームページ上で計画しても良いし、窓口に行って相談しても良いです。 まずは無理な返済にならないような金額を借りるようにするか、大きく借りてもちゃんと返せるような計画を事前に組んで把握することで、返済の負担を楽にしておきましょう。

借りる前に返済シミュレーションしましょう

急にお金が必要になった時も、ずっと考えていた融資であっても、お金を借りる前にやっておきたいのが返済シミュレーションです。 お金を借りる時には、これくらいなら無理なく返済できると思ったとしても、シミュレーションをすることで見えてくることがいろいろあります。 返済シミュレーションをする場合に、忘れてはいけないのが金利でしょう。 毎月元金だけを支払えばいいのなら、こんな楽なことはありません。 ですが、金融機関で融資を受ければ、必ず支払わなければならないのが金利です。 金利がたった数%違うだけでも、融資額が大きければ大きな差となってしまいます。 たとえば、2%金利が違うだけで、毎月の支払いが困難になってしまうこともあるのです。 返済シミュレーションをする場合は、金利や返済期間などを変えて、何度もシミュレーションをしてみることをおすすめします。 それによって、この金利であってもこの返済期間ならラクに返済できるなど、お金を借りる前に知っておきたいことをすることができるのです。 事前にシミュレーションをしておくことで、自分が無理なく返済することができる条件がわかります。 シミュレーションによってわかった条件を基本にとして考えれば、完済まで無理なく返済できるイメージも湧いてくるでしょう。 この時、注意したいのが、人生の中ではままならない期間もあるということです。 収入が変動した時でも、返済が無理なくできるようにある程度の余裕を持たせることが大切でしょう。
このページの先頭へ